So-net無料ブログ作成
検索選択

米女子ゴルフ 宮里美香 優勝 [スポーツ]

米女子ゴルフツアーのセーフウェー・クラシックは19日、
米オレゴン州のパンプキンリッジGCで最終ラウンドを行い、
宮里美香が、通算13アンダーの203で同ツアー初優勝を果たした。
日本選手では8人目。

米ツアー出場資格を持っての22歳での優勝は、
2009年に24歳でエビアン・マスターズを制した宮里藍(27)を抜き、
日本人最年少となった。

沖縄出身の宮里美香は日本のプロテストを受けずに米ツアーに挑んだ。
本格参戦4年目の今季は2位2度、3位1度と、優勝まであと一歩の成績を続けた。

 「最高です。言葉が出ない。
  後半に入ってちょっと緊張して、フォーカスしようと、1打1打大事にやった。
  (後続に追い上げられ)ライバルは相手じゃない、自分との戦いだと思った。
  米ツアー4年目でやっと勝てた。
  もっと勝てるように頑張ります。」

と試合後の談話では、話していた。

日本のプロテストを受けなくても、米ツアーに参加できるなんて始めて知った。

以下ウィキペディアより。

2008年12月3~7日にかけて行われた
LPGAツアーのクオリファイングトーナメント(シード権獲得のための資格試験)において、
宮里はアマチュアながら12位で合格し、
2009年のシード権を獲得した。
合格者は20人で、アマチュアの合格選手は宮里1人だけである。
予選会終了後の12月9日、彼女はプロ転向を宣言した。
一緒に合格した選手には、日本の元賞金女王大山志保のほかに、
かつての世界ランキング2位だったミシェル・ウィーもいた。

以上。

アメリカのLPGAツアーの出場資格を得た後、
プロ宣言をしたらしい。
そんな道もあるのか。

今季の成績を見ると、もう少しで優勝できそうな感じがしていた。

確実に力をつけてきた成果があらわれた優勝だった。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
婚活クチコミ情報

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。